高い?安い?ウォーターサーバーのランニングコスト

ウォーターサーバーにかかる費用

水の安全性やおいしさという観点から注目をあびるようになってきたのがウォーターサーバーです。天然水やRO水を手軽に楽しむことができるというのがそのメリットであり、健康への意識が高まる現代においては人気が高まってきています。 実際に家庭で導入するかということを考える際には毎月どんな費用がかかるのかということが気にかかるものでしょう。表立って見えるのはサーバーのレンタル料と水のボトルを購入する費用です。これに加えて忘れてはならないのは電気代であり、水を冷やしたり温めたりするために相当な電気代が必要となるウォーターサーバーもあります。こういった費用を重ねあわせて考えてどのくらいの費用が毎月かかるのかを試算することになります。

意外に高いランニングコスト

ウォーターサーバーのレンタル料は無料のものが増えてきていますが、ものによって500円から1000円程度のレンタル料がかかるものもあります。一方で、水代にはかなりの開きがあり、ボトル一本が12リットルが典型的であり、それがおよそ1000円程度から2000円を越えるものまであるのです。また、電気代も月に1000円程度かかるものが多く、節電型のものでもその半額の500円程度は見込まなければなりません。 4人家族で標準的な水の使用量であれば毎月5000円から6000円程度が最低ラインとなります。これが高いと感じるか安いと感じるかは感性次第というところが大きいのが事実です。水は毎日飲むものであり、おいしくて安全な水を快適に使えると考えれば安いものともいえるでしょう。